私たち株式会社しまなみは、明確な安全方針に基づき、社内に安全最優先意識の徹底を図り、全スタッフがこれを徹底して実行する。そして、弊社の使用する旅客船の業務を、安全、適正かつ 円滑におこなうための責任体制及び業務実施の基準を明確にし、全社一丸となってお客様輸送の安全を確保することを目指しています。

1. 安全方針

2. 安全の取り組み実施内容

2-1. 運航の判断について

船長は適時、運航の可否判断を行い、気象・海象が一定の条件に達したと認めるとき又は達する恐れがあると認めるときは、運航中止の措置をとらなければならない。

風速12m/s以上、波高1.0m以上、視程500m以下

2-2. 安全設備の設置について

国土交通省から旅客運送業に義務付けてある船客傷害賠償責任保険に 弊社の全旅客船が以下の通り加入をしております。

観潮船(定員42名) 救命胴衣大人用42着・子供用22着、救命浮環1個
サイクルシップ(定員70名) 救命胴衣大人用70着・子供用25着・救命浮器4個

2-3. 船客傷害賠償責任保険について

観潮船(定員42名) 一人当たり上限1億円、総額42億円
サイクルシップ(定員70名) 一人当たり上限1億円、総額70億円

2-4. 緊急時の通信手段について

観潮船・サイクルシップともに携帯電話

2-5. その他の点検について

弊社は四国運輸局の認可事業者であり、四国運輸局及び海事代理士の指導に基づき、 関係法令及び社内規定を順守し、安全最優先の大原則のもと運航しております。

2022 © shimanami